親子洗顔をすることでの意味、年代別の肌の特徴やお悩みを解説

母と娘、美肌の秘訣は「親子洗顔」?親子関係を深めて美肌を作る

親子で洗顔をすることの意味

親子で一緒に行う洗顔には、美容はもちろん、コミュニケーションを深める目的があります。

2人で一緒に洗顔しながら、日々の何気ない出来事について話し合い、ちょっとした感情変化を読み取ることができれば、親にとっても子にとっても、洗顔タイムが有意義な時間になるはず。

鏡越しに向き合いスキンシップを取れば、意外な本音も出てくるかもしれません。

年代別の肌の特徴や悩み

ただし娘世代と母親世代とでは、肌の悩みが異なります。

思春期はホルモンバランスの乱れにより、肌の状態も不安定になりがち。
皮脂の分泌量が増え、吹き出物やニキビができてしまうこともあります。

10代から20代前半にかけての娘世代にとっては、過剰になりがちな皮脂といかに上手に付き合うかが、美肌作りのカギとなります。

母親世代の主な悩みといえば、加齢による肌質の劣化でしょう。
血行が悪くなって肌がくすんで見えたり、皮膚の保護機能が衰えてみずみずしい状態が保てなくなったりします。

シミやシワを目立たなくさせ、若々しく健康的な肌をキープするためには、アンチエイジングを意識して保湿ケアをしっかり行う必要があります。

素肌美人の決め手は、やはり洗顔

洗顔が不十分だと、残された皮脂が化粧水の浸透を妨げたり、毛穴に残った汚れが吹き出物の原因になったりします。

逆に洗いすぎてしまうと、肌のバリアの役割を担う必要な皮脂まで落ちてしまうので、乾燥して皮膚が突っ張ったり、カサカサになったりするので要注意です。

年齢や抱えている肌の悩みの違いにかかわらず、正しい洗顔方法は同じです。

厳禁なのはゴシゴシ洗い。
指や手のひらでこすり洗いをすると、摩擦によって角質や皮下組織にまでダメージが加わり、肌の極度な乾燥やニキビや吹き出物の悪化を招きかねません。

皮膚に負担をかけることなく、それでもきっちりと不純物を落とすためには、洗浄力のある泡で包み込むように洗うのがベストです。

そして、肌をまっさらな状態にリセットするためには、すすぎも重要。
潤い成分まで洗い流してしまわないように、熱いお湯は避け、人肌よりも少し低い程度のぬるま湯できっちりすすぐといいでしょう。

タオルでゴシゴシ拭くのも、もちろんNG。
タオルに顔を埋めるようにして両手で包み込み、水分を取り除くようにします。

年代別の肌の特徴や悩み

洗顔せっけん選びも重要です。
きっちりと洗い、透明感のある美肌に仕上げるためには、洗浄力と保湿力は必須。
さらにより心地よい洗顔のためには、泡立ちや泡切れの良さも重要です。

これらの条件をすべてクリアしているのが、ヴァーナルの弱アルカリ性せっけん、薬用アンクソープ。 メイク、汚れ、余分な皮脂、古い角質などをしっかり落とすパワーと、天然ハーブエキスの作用による高い保湿性を兼ね備えています。

吸着性の高いモッチモチの泡はキメが細かく、毛穴にもきっちりアプローチして洗い残しを防ぎます。 あらゆる年齢層の肌に適しているので、親子で兼用するのにまさに理想的。

さらに、トラブルを抱えがちなデリケートな肌の人には、ヴァーナルの薬用センシティブザイフもおすすめ。
シア脂、はちみつ、ヒアルロン酸など16種の保湿成分を配合した低刺激性のせっけんが、不純物を取り除き、キメの整った美しい肌作りをサポートしてくれます。

一日の始まり、または終わりの親子洗顔で、汚れを洗い流せば、心もすっきり。
この爽快感を分かち合うことを習慣づけ、二人三脚で美肌作りに励めば、親子の絆がいっそう強くなること請け合いです!

肌を清潔にして、親と子の関係をより良好にする親子洗顔。
あなたも始めてみませんか?