洗顔石鹸のヴァーナル|くすみ、ニキビ、毛穴、シミ、シワなどの悩みは洗顔を見直すことから始めましょう。

ビューティーアドバイス

季節別お手入れ方法 夏のお手入れ方法

ベタついた肌を清潔に保つ

夏は気温や湿度の上昇、紫外線量の増加、室内では冷房による乾燥など、肌に負担のかかることばかり。

この時期の肌は、汗や皮脂が過剰に分泌され、ベタついているために、空気中のホコリなどが付着しやすくなります。

このほか汗や皮脂、ホコリやファンデーションなどが毛穴に詰まってしまうと、黒ずみや吹き出物などのトラブルに。
ベタついた肌を清潔に保つ
お手入れのポイント

汗や皮脂でドロドロになったメイクや、時間の経った皮脂は酸化し肌トラブルの原因に。
日中は、余分な皮脂はあぶらとり紙でおさえ、お化粧直しをこまめに行いましょう。帰宅後は肌に汚れをつけたままにしないで、早めに洗顔するようにしましょう。

汗をかくことの多いこの時期、ひんぱんに洗顔しがちですが、かといって洗いすぎは逆効果に。石鹸での洗顔は多くても1日3度までにとどめましょう。

洗顔後は、水パッティングを行うと皮膚表面の温度を下げ、毛穴を引き締めるとともに、肌のベタつきや化粧くずれの防止に。

夏でも乾燥対策を

夏の肌は紫外線のダメージから肌を守ろうと他の季節に比べて角質層が厚くなっています。紫外線は角質層の水分を奪い、肌の乾燥を招きかさつきがちに。

オフィスなどの室内では、冷房のため乾燥していますので、これに睡眠不足や体調不良などが重なると、肌の新陳代謝が乱れ、ゴワつきやザラつきを招いてしまいます。しっかり保湿ケアをしましょう。

高温多湿でじめじめしがちな日本の夏は大量の汗がつきものですが、汗をそのままにすると水分と皮脂のバランスが崩れ、肌表面のpHバランスも乱れてしまいますので、バリア機能が低下したり肌荒れなどを招いてしまいます。

また、肌のうるおいを保つ上で欠かせないNMF(天然保湿因子)は、汗とともに流れやすいので、水分保持能力も低下してしまいます。 汗をかいてしまったら、早めにタオルやハンカチでおさえましょう。

夏でも乾燥対策を
お手入れのポイント

角質層が厚くなった肌は古い角質が剥がれ落ちていないため、肌がくすんで見えます。厚くなった角質や毛穴の汚れが気になるときはスペシャルアイテム、「ウォッシュパウダー」で角質ケアを。

また長時間エアコンのきいた室内にいる人は、こまめに保湿スプレーをシュッと噴きかけて、うるおいを補給しましょう。

紫外線ダメージから肌を守る

夏に注意すべき点は何と言っても紫外線対策です。紫外線を浴びた肌は、シミ・ソバカス・シワ・たるみ・乾燥・肌荒れ等、様々なトラブルが現れやすくります。

紫外線量の多い時間帯の外出を控えたり、外出する際は帽子・日傘や日焼け止めなどを使って紫外線を浴びないようにするなど、ひと工夫しましょう。

また日焼け止めを塗る際に忘れがちなのが、「首や胸元・手足」などの部分。キャンプや海水浴などに行くときは塗り忘れないようにしましょう。


 

紫外線ダメージから肌を守る

※肌はお住まいの地域の気候や生活環境の影響を常に受けています。
気になることは、お気軽にカウンセラーにご相談ください。
お客さまの現在の肌の状態に合ったスキンケア方法をご案内いたします。
フリーダイヤル:0120-08-1620(受付時間9:30〜20:00)