洗顔石鹸のヴァーナル|くすみ、ニキビ、毛穴、シミ、シワなどの悩みは洗顔を見直すことから始めましょう。

ビューティーアドバイス

季節別お手入れ方法 冬のお手入れ方法

冬の乾燥は肌の大敵

冬は北風・暖房など肌を乾燥させる要因がいっぱいです。

暖かい季節とは逆に、寒さで新陳代謝が鈍り、皮脂腺や汗腺の働きが低下し、皮脂膜が作られにくくなります。その結果、肌のバリア機能が衰えて角質層の水分やうるおいが奪われやすくなり、小じわやカサつきなどの原因に。結果、肌の「老化」につながっていきます。美しい素肌のためには充分な水分補給・保湿が大切です。

また、この時期は顔だけでなく体も乾燥しがち。粉をふいた「すね」や「ひじ」など乾燥しやすい部分のケアも怠らないようにしましょう。
冬の乾燥は肌の大敵
お手入れのポイント
ナノエマルジョン

冬は保湿スプレーで水分を補給し、その後お肌の状態に応じた保湿商品でうるおいを閉じ込めるお手入れを。お肌に何が不足しているのかによって水分や油分を補うものを選びましょう。

水分が不足した肌には「ナノグレイスエッセンス」、水分と油分が不足した肌の方に「ナノエマルジョン」がおすすめです。

肌のくすみが気になる人は肌の新陳代謝を整えて

寒さで血行が悪くなると、皮膚に充分な栄養を運んだり老廃物を細胞外に排出する働きが滞りやすく、肌のターンオーバーが乱れ、普段は約28日周期でアカとなってはがれ落ちていくはずの角質がとどまり肌がくすんできます。

古くなった角質を取り除くには基本の洗顔が大切です。冬は夏に比べ汗や皮脂の分泌が少ないため、肌が汚れていないと思い洗顔を簡単に済ませると、毛穴の汚れやアカとなって剥がれるべき角質が残ってしまい角質層が厚くなり肌がくすむ原因に。

冬も基本であるしっかりと泡立てたたっぷりの泡で洗顔をしましょう。

肌のくすみが気になる人は肌の新陳代謝を整えて
お手入れのポイント

寒いとつい熱めのお湯ですすぎがちですが、熱いお湯は肌に必要なうるおい成分まで奪ってしまいます。すすぎは水や人肌よりぬるめのお湯を使いましょう。

また乾燥がひどい人は、必ずTゾーンから泡をのせて洗いましょう。乾燥しがちな頬から洗ってはますます乾燥が進んでしまいます。また、洗顔後は時間の経過とともにうるおいが逃げてしまいますので、時間をおかずに保湿スプレーでうるおいを補いましょう。

肌は体の鏡です

冬は季節がら忘年会や新年会・クリスマスなどイベントが多く、ついつい暴飲暴食や睡眠不足など不規則な生活になりがちです。

冬の肌トラブルは乾燥などに加え、生活習慣の乱れも原因になります。ライフスタイルを見直し、体調も整えるようにしましょう。

肌は体の鏡です

※肌はお住まいの地域の気候や生活環境の影響を常に受けています。
気になることは、お気軽にカウンセラーにご相談ください。
お客さまの現在の肌の状態に合ったスキンケア方法をご案内いたします。
フリーダイヤル:0120-08-1620(受付時間9:30〜20:00)