洗顔石鹸のヴァーナル|くすみ、ニキビ、毛穴、シミ、シワなどの悩みは洗顔を見直すことから始めましょう。

ビューティーアドバイス

ビューティアドバイス

食事・食べ物

お肌にとって、スキンケアと同じくらい大切なのが、食事。
食事により栄養を補給し、それが肌を作る素となります。 私たちの身体は、言うまでもなく食物から栄養を摂って生きています。食事(食べ物)は身体をつくる材料であり、 とり入れた栄養素を燃焼させて、はじめて身体を動かしたり、考えたりということが出来るのです。
生物の体は食物から消化器官を経て、栄養分を吸収し、血液が体のすみずみにその栄養分を運びます。
「医食同源」という言葉がある通り、健康と食物は切っても切れない関係です。


現在、様々な情報が氾濫し、あるひとつの栄養素ばかりが注目されがちですが、 栄養素は単独では生理的効果が期待されにくいということをまず把握しておきましょう。 肌のために栄養をまんべんなく摂る必要があるのはもちろんですが、特に必要とされるものをご紹介いたします。


食べ物のイメージ画像
三大栄養素「タンパク質」「糖質」「脂質」と一緒に、
ビタミン・ミネラルを補う緑黄色野菜もまんべんなく
摂りましょう

三大栄養素のひとつ、筋肉、内臓、骨、血など身体の土台を作っているのが「タンパク質」です(アミノ酸はタンパク質の構成要素)。
以前は「炭水化物」として分類されていた「糖質」。 筋肉が活動するときのエネルギー源や、脳の唯一の栄養源「ブドウ糖」の素となります。「脂質」も身体にとって大切なエネルギー源のひとつ。 細胞膜の材料になったり、脂溶性ビタミンの吸収に欠かせません。

上記の三大栄養素に「ビタミン」 「ミネラル」を加えて五大栄養素と言われています。 三大栄養素がガソリンだとするとビタミン、ミネラルはオイルに例えられます。 三大栄養素が十分に働くため、また身体をスムーズに活動させるために必要不可欠な栄養素です。 ビタミンやミネラルは体内で合成することが出来ないため、毎日摂りいれることが必要です。


肌が生まれ変わるためにこの3点は必ず守っていただきたい点です。
1・タンパク質(肉・魚・大豆など)を毎日適量摂る
2・ビタミンA・B群・Cなどを毎日摂る。
3・抗酸化成分のある食材(トマト・ゴマ・りんごなど)を積極的に取り入れる。


スキンケアを助けるのはバランスの良い食事です。なるべく多くの食材を毎日の食卓に取り入れたいものです。