洗顔石鹸のヴァーナル|くすみ、ニキビ、毛穴、シミ、シワなどの悩みは洗顔を見直すことから始めましょう。

ビューティーアドバイス

ビューティアドバイス

紫外線

紫外線のイメージ画像
紫外線は私たちの身体に 様々な
ダメージを 与えます

ほんの30年くらい前までは、日光浴は身体に良いとされてきました。 では現在、紫外線が肌に良くないと言われているのはどうしてでしょうか。


確かに紫外線にあたるとビタミンDを生成したり、殺菌できるなど良い面もあります。 しかし、近年、紫外線についての研究が進むにつれ、それを上回るほどの紫外線の害が判明してきたのです。


紫外線とは、目に見える光(可視光線)のうち最も波長が短い「紫」のさらに外側の光のこと。 紫の外の線=紫外線(ウルトラバイオレット、Ultra-Violet:UV)は、 波長が短くなると共にどんどんエネルギーが高くなります。
これを順に、UVA・UVB・UVCと呼んでいます。UVCは、病院にある殺菌灯に用いられる強力な光線ですが、 幸いなことにオゾン層で吸収され地上にはほとんど届きません。


日焼けで肌が黒くなるのは、肌の真皮にあるメラノサイト(melanocyte)がメラニンという褐色の色素を作り出すからです。 このメラニンが、有害な紫外線が体内に侵入するのを防いでいます。しかし長い間紫外線を浴び続けると、 しだいに細胞が変化してメラニンの産生量が不均一になってきます。こうして、不均一にメラニン色素が増えたものが「しみ」で、 もちろん「ソバカス」も増えることになります。逆に抜けたものが「老人性の白斑」です。


私たちは、空気中の酸素を取り入れて生命活動を行なっています。 しかし、酸素にはサビなどを生じさせる「酸化」という働きがあります。 酸素の中でも特に酸化力が強い酸素を活性酸素といいます。
紫外線には皮膚の細胞に活性酸素を生じさせ、私たちの身体に様々なダメージを与えます。


紫外線を無防備に浴びつづけるのは、肌の健康のためにも、老化の観点からも控えるのが良いでしょう。

ヴァーナル人気商品ご紹介
モイスチャーUV
モイスチャーUV
「SPF35 PA++」「ノンケミカル処方」の日焼け止め。"紫外線吸収剤"無添加で、ダメージケア、保湿、エイジングケアなどさまざまな肌の悩みをサポートします。
エッセンスサンスクリーン
エッセンスサンスクリーン
SPF50+、PA++++という紫外線防御機能を持ちつつも白浮きやべたつきも解消。さらっとミルキーな使い心地。美容成分たっぷりでUVケアをしながらスキンケアを叶えます。