洗顔石鹸のヴァーナル|くすみ、ニキビ、毛穴、シミ、シワなどの悩みは洗顔を見直すことから始めましょう。

美肌研究所 Vol.2

「揺らぎ肌」という言葉をご存じでしょうか? 季節の変わり目などに調子が大きくくずれ、いきなり乾燥したり部分的にかゆみが出てしまう肌のことです。特に、気温差が激しく紫外線量が急増する春先は要注意。揺らぎ肌にとって過酷な春を乗り切るために、正しいケアを行いましょう。

揺らぎ肌の原因と対策は?

今回カウンセラーに話を聞くのは、揺らぎ肌経験のある2名のお客様

月別の平均湿度

キハナ未使用者
私はもともと敏感肌。2年前からヴァーナルのせっけん洗顔を始めてずいぶん調子が良くなってきたのですが、季節の変わり目になるとカサつきやかゆみがぶり返してしまって…。
カウンセラー
そういう方は多いんですよ。特に春は気温の変化が激しく、実は冬と同じくらい乾燥しています。でも暖かくなってきた気の緩みで乾燥対策がおろそかになりがち。紫外線量も急増しますし、風で舞い上がるホコリや花粉の量も増えるなど、肌にとっては冬以上に過酷な季節なんです。
ご愛用者
私も以前は、季節の変わり目だけ調子をくずしがちでした。でもキハナシリーズを使い出してから季節を気にせず過ごせるようになりましたね。
カウンセラー
そうですね。揺らぎ肌対策として大切なのは肌本来のバリア機能を高めること。肌は皮脂によって守られていますから、皮脂バランスをすこやかな状態に整えるキハナシリーズはおすすめです。それから、できれば内面的な要因にも注目できるといいですね。
ご愛用者
内面的な要因とは?
カウンセラー
春は肌と同じで体調もくずしがちになりませんか? 新年度は何かと慌ただしくなり、寝不足や緊張、ストレスといった身体の内部からくる変化が肌に影響するんです。
キハナ未使用者
確かに、忙しくてお手入れもおろそかになりがちのような…。
カウンセラー
肌が揺らぐとクリームなどを厚く塗りたくなりますが、自らを守れるバリア機能の高い肌にしていくことのほうが大切。そして睡眠や気分転換といったストレスケアも。そうすれば環境の変化に揺るがない安定した状態をキープできますよ。

キハナで肌ストレスケアして春も揺らがない肌に!