洗顔石鹸のヴァーナル|くすみ、ニキビ、毛穴、シミ、シワなどの悩みは洗顔を見直すことから始めましょう。

千堂純子の美肌塾

エイジングケアとは。
誰もが避けては通れない「老化」という現象。肌の老化も誰もが通る道です。
しかし、止めることはできませんが、進行を遅らせることはできるって、
知っていましたか?その方法は「エイジングケア」です。エイジングケアとは、
年齢に応じた肌のお手入れを行うこと。肌老化の原因にアプローチするケアのことです。
では、肌を老化させる原因とは?ずばり、活性酸素による「酸化」です。
皮をむいたリンゴを放置すると茶色くなってシナシナになりますよね?
これも参加が原因で、肌内でも同じことが起きているのです。そもそも活性酸素は、
呼吸するだけでも発生し、紫外線や車の排気ガス、食生活の乱れなどで日常的に
生まれます。この活性酸素が肌の働きを阻害して肌を酸化させ、シワやたるみ、
シミやくすみなどといったトラブルを招くのです。
もともと、体内には活性酸素を自然に除去する抗酸化力がありますが、年齢とともに
その力は低下してしまいます。
エイジング世代の肌は「抗酸化力」が減少!?
活性酸素を自然に取り除き酸化を防ぐ「抗酸化力」は、30代をピークに、40代を過ぎると
急激に低下。さらに、60代を過ぎるとピーク時の3分の1程度まで減少します。
年齢とともにトラブルが増えてしまうのは、抗酸化力不足が原因なのです。
肌老化を遅らせるためには抗酸化力を高めるエイジングケアが必須!
抗酸化力が弱まってしまうと、除去しきれなかった活性酸素が毎日蓄積され、どんどん
酸化が進み、肌老化が加速していきます。肌老化を遅らせるためには、蓄積した活性酸素
と日々発生する活性酸素を除去して酸化を食い止めることが絶対条件。つまり、
低下してしまった抗酸化力を高めるエイジングケアが必須なのです。
では、抗酸化力を高めるには、どういったエイジングケアを行えばよいのでしょう。
その答えは、抗酸化成分が配合された化粧品を使うこと。優れた抗酸化力がある成分として
多くの化粧品に配合されているのは、ビタミンCやコエンザイムQ10。
しかし、この2つの成分を凌ぐ抗酸化力成分として今注目されているのが「フラーレン」。
ビタミンCの172倍の抗酸化力を持ち、若返りの救世主と称される成分です。
また、普段の生活から抗酸化を意識することも大切です。食生活では、
ビタミンA・C・Eを多く含む食品を積極的に摂るように心がけましょう。
またウォーキングなどの軽い運動も活性酸素の抑制に効果的です。
エイジングケアは、何歳から始めても遅すぎることはありません。
抗酸化力を高めるケアで、いつまでも若々しい肌を手に入れましょう。