洗顔石鹸のヴァーナル|くすみ、ニキビ、毛穴、シミ、シワなどの悩みは洗顔を見直すことから始めましょう。

ヴァーナルの想い

洗顔石鹸について

なぜ石鹸洗顔なのか

石鹸の起源はかなり古く、紀元前から存在する環境に優しい・安全性の高
い物です。 肌の生まれ変わり、つまり『ターンオーバー』を促すには、
まず肌の負担を取り除くことから始まります。それには確かな洗浄力が必
要です。
一般的に「石鹸」はほとんどが弱アルカリ性。アルカリ性は、弱酸性・中
性のものに比べて洗浄力の面でとても優れています。一方、皮膚の表面を
被う皮脂膜は、弱酸性を保ち肌を細菌等から守っています。肌は弱酸性な
のにアルカリ性で洗っても大丈夫?と心配になるかもしれませんが、皮膚
には「アルカリ中和能」という働きがあります。
アルカリ中和能とは、洗顔などによって肌が一時的にアルカリ性に傾いても、
肌表面を「弱酸性」に戻そうとする働きで、肌が自ら美しくなろうとする働き
の一つです。弱アルカリ性の石鹸で肌の汚れをしっかり落とすことによって、
アルカリ中和能も本来の働きを発揮できるのです。
(※肌の状態により、これに当てはまらないこともあります。肌にトラブルが
ある方は皮膚科へご相談ください。

汚れを落とすしくみ

ヴァーナルのお手入れの中でも、特に重視しているのが洗顔時の泡の立て方。
石鹸の泡は、水と油を乳化(結合)させて汚れを肌から離れやすくしてく
れます。 キメ細かくて弾力のある泡は汚れの吸着面も多く、スカスカの泡よ
り多くの汚れを落とすことが可能になります。ヴァーナルが泡の状態に心を
くばるのはそのためです。また、肌のキメは小さく不均一な形なので、なる
べく細かな泡でキメの奥まで届くようにすることが必要です。力をいれす
ぎてしまうとせっかくの泡も壊れてしまい、肌の刺激になってしまうことも。
泡の弾力で、指が直接肌に触れないように洗いましょう。

正しい洗顔方法を知っていますか?

日頃何気なく行いがちな洗顔。貴女はこれまでに洗顔方法をきちんと習った
ことはありますか?あらためて『洗顔』といっても、思春期に何となく洗顔
料で洗い始めて、その後いろいろな洗顔商品を使ってきた・・・という方が
ほとんどではないでしょうか?洗顔の目的は「肌の汚れを洗い落とすこと」
ですが、しかし理想の洗顔とは洗うことだけにとどまりません。洗顔の仕方
によっては、肌の汚れを落とすはずが、逆に肌の負担になることも・・・。
乾いた肌にいきなり石鹸の泡をのせたりしていませんか?
汚れがよく落ちるように、ゴシゴシ洗ったりしていませんか?
メイクをしている・していないにかかわらず、「正しい洗顔の方法」があり
ます。例えば歯医者さんに歯磨き指導があるように、ヴァーナルでは専門教
育を受けたカウンセラーが貴女のライフスタイルや肌質に合った洗顔方法を
必ずご紹介いたしますので、正しい洗顔方法をマスターしていただくことが
できます。ヴァーナルがおすすめする洗顔方法に変えてみませんか?。

一般的な石鹸の泡立て方

1. 泡立てネットを水でぬらし、ネットの上部を指と指の間に挟んで手のひら

に広げます。

2. ぬらした石鹸を軽く泡立つまで泡立てネットにこすりつけます。
ネットの間に石鹸を入れて行うとより効果的です。

3. 石鹸をはずし、泡立てネットをもむようにして、さらにきめ細かい泡を立
 てます。途中、数滴の水を加えると、より泡立ちがよくなります。

4. 泡立てネットを指の間から抜くと、泡がたっぷりとできあがります

ヴァーナルの想い

洗顔せっけんについて